ちゅらトゥースホワイトニングの効果を望めないパターン。

ちゅらトゥースホワイトニング,効果

 

【歯が変色するパターンは大きく分けて2つ】

 

歯が変色する要因は、主に飲食などによる着色がもたらす外因性のものと、

 

エナメル質形成不全などの歯の病ががもたらす内因性のものがあります。

 

 

外因性→食事、喫煙習慣など生活環境によるもの

 

 

内因性→虫歯、歯の病などによるもの

 

 

永久歯が変色する理由はほぼ飲食などによる外因性によるものです。

 

たばこやコーヒーなどは歯の黄ばみの要因として、
よく挙がりますが、

 

たばこやコーヒーをしなくても、普段の食事だけでも
充分に歯が変色する要因はあるのです。

 

普通に生活してても歯が変色する可能性は普通にある、、ということですね。

 

【ちゅらトゥースホワイトニングの有効性】

 

ちゅらトゥースホワイトニングにはどういった変色の場合にホワイトニング効果を望めるのでしょうか?

 

 

ちゅらトゥースは歯に着色した汚れを浮かせることで落とします。

 

落とすことで歯が本来持っている白さを取り戻すというイメージです。

 

歯の外側からコビりついて離れない物質ならば、
浮かせて落とすことが望めます。

 

しかし、歯の内側から、歯そのものが変色してしまってる場合などは
効果が望めません。

 

つまり、食事などの外因性の要因による歯の変色には
ちゅらトゥースは有効性があるんです。

 

【歯医者のホワイトニングとは違う】

 

歯医者さんのホワイトニングとは違います。

 

歯医者さんのホワイトニングは施術内容にもよりますが、

 

薬品の作用により、歯を漂白することがほとんどです。

 

ちゅらトゥースは漂白はしません。

 

ちゅらトゥースと歯医者さんでは
ホワイトニングに用いる成分も明らかに違います。

 

 

・ちゅらトゥース→ポリアスパラギン酸、リンゴ酸、ビタミンC

 

 

・歯医者でのホワイトニング→過酸化水素、又は過酸化尿素

 

 

過酸化水素、又は過酸化尿素は刺激が強く、一般人が薬局などで買うことはできません。

 

歯医者さんでのホワイトニングは見違えるほど白くなりますね。

 

それはそうです、過酸化〜をの効果は強力ですから。

 

しかしその白さをキープするのは経済的にとても大変です。

 

見違えるほど歯が白くなるので、
少しの黄ばみがとても目立って感じられるようにもなります。

 

しかし定期的に通うには、
歯医者さんでのホワイトニング費用はとても高いです。

 

そこで自宅で手軽にできて、
なおかつ効果も望めるちゅらトゥースホワイトニングの
人気があるわけですね。

 

>>ちゅらトゥースホワイトニングの販売情報